50代は化粧品選びが大切~おすすめのアンチエイジング情報~

婦人

誤魔化したくない予防法

しわ

毛穴や髪にもアプローチ

加齢によって女性は肌がたるみやすくなり、たるみは老けた印象を与えやすく、乾燥や酸化などの対策が知られていますが、糖化予防が最も重要視されています。肌が黄ぐすみしたり、弾力不足によるハリの無さなどは糖化が深く関与しており、アプローチできる化粧品を使って予防することが大切です。また、コラーゲン不足を補うことも同時に行うことで、シワにも効果を期待できます。糖化による影響として、肌のキメだけではなく、たるみによって毛穴が目立つケースも挙げられていますし、髪なども影響を受けています。アプローチできる化粧品によって、女性特有の肌悩みや潤い不足となる髪質など、全てに繋がるため、予防することが年齢差を感じさせない印象に繋げられます。

AGEsを抑制させる

糖化は、体内のたんぱく質と糖が結合し、メイラード反応を起こし、結果、AGEsとよばれる物質を生み出しています。この物質は、肌のハリや弾力を作り出すコラーゲンやエラスチンの変性を起こさせ、加齢に伴う老いを加速させ、老け顔を作り出してしまいます。老化は自然な現象であるものの、日々のお手入れにより、そのスピードを緩やかにさせることができるため、アンチエイジングに大切なことの1つです。各化粧品メーカーから基礎化粧品が開発され、提供されていますが、効率良くアプローチできる成分としては、カモミールやセイヨウオオバコエキス、シャクヤクエキスなどの植物由来となる成分であるのも特徴です。酸化や紫外線などを抑制するにも植物のもつ力が肌にも負担をかけず、ちょっとした化粧品選びの工夫により、老化スピードを遅らせることは可能となります。